TOP

就活生のパワーをチャージさせるサイトです。

四季報を活用した就職活動

春夏秋冬の各季節ごとに刊行される情報誌のことを四季報と呼びます。月単位で発行される月報や年単位で発行される年報などもあり、時期ごとに情報するという目的があります。情報の内容については様々ですが、日本国内で有名な四季報としては、東洋経済新報が発刊している会社四季報や就職四季報などがあります。会社四季報では上場している会社の最新情報が掲載されていたり、投資に関する細やかな情報が掲載されているため、投資家の方々に人気のある情報誌となっています。就職四季報では、就職に関する企業の情報が掲載されており、企業の最新の情報が3カ月ごとに知ることができるようになっています。就職活動をしている人にとっては大切な情報源となるため、大学生や大学院生から高い支持を得ており、この情報誌を活用した就職活動が進められています。また、就職四季報が主催する就職活動イベントも多く開催されているため、就活をしている人は要チェックです。

MTF求人で充実の職場環境を手に入れるには

MTFだからといって、風俗店やタレントとしてしか働けないのでは職場も職種も限定されてしまいます。性的マイノリティーへの理解が深まる中、女性でありながら男性として生活したい方や、生涯を通じて男性として生きていきたい人もいます。こうした方にとっては、普通の仕事、普通の暮らしを手に入れられるかは大きな関心事です。外見は男性の格好をしているのに、体や性別は女性のままであるケースも多く、日常生活においては不便を感じるケースも少なくありません。たとえば、トイレは男性と女性どちらを使うのか、更衣室やロッカールームはどちらの性別を使うのか、いずれを使っても職場全体の理解がなければ、驚かれたり騒がれたりするリスクがあります。性的マイノリティーに対する理解を職場内で共有している規模の大きい企業においては、性別にかかわらず使えるニュートラル更衣室を設けたり、どんな人でも使いやすい多目的トイレを用意しているところもあります。これなら、本人もどちらを使えば迷惑をかけないかと迷うこともありませんし、他の従業員との無用なトラブルも防げます。一方、アットホームな小規模企業の場合、小さな雑居ビルやマンションなどをオフィスにしている企業もあります。こうした企業ではトイレは男女兼用で1つか2つしかないなど、そもそも男女の区別がありません。少人数の職場は、お互いの理解も深めやすく、最初にしっかり顔合わせをして事情を理解してもらえば、何の差別もなく働けるケースが少なくないのです。もっとも、面接に通らなければ採用されるかは分からないのに、面接の度にカミングアウトすることを躊躇されるケースもあるはずです。かといって、男性だと主張することも、女性として頑張ろうとすることも、採用後に苦労することが増えます。求人に応募する際にカミングアウトするかどうか迷わないよう、あらかじめ性的マイノリティーに理解がある企業や積極的な取り組みをしている企業を絞り込んでおくと、やっぱりカミングアウトしなければよかったという後悔を防ぐことができます。探してみると、創業社長自らゲイであることをオープンにしている会社や、役員が全てニューハーフといった会社もあり、性的マイノリティーがむしろマジョリティーになれる会社もあるのです。中にはMTF受け入れ企業とMTFの方をマッチングするサービスを提供している、転職支援会社もありますから、求人探しに迷ったら利用するのもおススメです。



ニューハーフが普通の職場で働く求人選びのハウツー

ニューハーフである場合、働き先が自ずと限定される傾向がありました。専門の飲食店や風俗店、タレントとして活躍したり、職場の人間関係などがないフリーランスや自営業など、一本立ちして一人で働くというスタイルが一般的でした。ですが、ごく普通の事務職やサービス業、販売の仕事など普通の職場で働きたい人も多いはずです。水商売やタレント、個人事業主の場合は制度上、社会保障も薄いですが、会社員として雇用されれば手厚い社会保障が得られるうえ、企業独自の福利厚生なども受けられるためです。少子高齢化や長寿社会で老後の不安が叫ばれる中、結婚して子供を持つといった選択を必ずしも取らないニューハーフは、それ以外の方よりいっそう不安が募るはずです。だからこそ、しっかりした企業で安定的に働きたいという希望をかなえるため、性的マイノリティーに対しても個性として尊重してくれる企業の求人を探すことが求められます。ニューハーフというと、最近はタレントをはじめ有名人も多く、知名度も向上し、人々の理解も深まっているように思います。分け隔てなく普通に接してくれる人が増える一方で、オカマとかおネエといった言葉を本人の前で使う方も少なからずいます。本人には悪気はなく、むしろ親しみを込めて使っているつもりでも、そういった世間一般で浸透している言葉が、本人にとってみれば、深く傷つき、言ってほしくない言葉であることも少なくありません。この点、ダイバーシティーが浸透し、性的マイノリティーも含めて偏見なく働ける環境を整備している企業においては、こういった言葉がセクシャルハラスメントやパワーハラスメントにも該当する、偏見ある言葉だという教育が行われています。そのため、悪気がなくても傷つくとか、誤った知識で嫌な思いをするといったリスクを抑えて、ストレスなく働くことができるのです。求人に応募する場合には、どのように働いていきたいか、採用担当者や直属の上司などへの要望もまとめておきましょう。たとえば、呼び方はどうするのかというのがあります。本名は男性だけれど、職場でも女性としての通称名を使いたいというのであれば、あらかじめ相談するようにします。最近は結婚しても、旧姓を使い続ける人も多く、必ずしも本名ありきではなくなっているので、受け入れてくれる企業は多いはずです。また、女性の服装や髪形で仕事をする場合で体は男性のままである方の場合、いずれの性別のトイレを使用するのかという問題があります。これについても事前に話し合いをして、スムーズに職場になじめるあらかじめの環境づくりが、お互いに求められるのです。
就職活動ブログ